大会結果
<高校 新人戦 地区予選>

女子ダブルス
1回戦 vs商業 2-0
2回戦 vs市金沢 0-2

1回戦 vs永谷 2-0
2回戦 vs釜利谷 2-0
3回戦 vs横浜栄 0-2
※結果、地区ベスト16

女子は私が会場に行かなかったので、生徒に感想を聞いたところ「まだまだ」と話してくれました。2回は勝てるけど、シード選手に勝って県大会に進むためには差があると感じたようです。でも、1ペアはベスト16に入りましたので、あと1つで順位戦に進めるわけです。この壁を大きいと考えるか、あと1つと考えるかで練習に臨む姿勢も変わります。あと少しです!頑張れ、高校女子!
スポンサーサイト
大会結果
<高校 新人戦 地区予選>

男子ダブルス
2回戦 vs磯子 2-0
3回戦 vs横浜南陵 2-0
準々決勝 vs横浜 0-2
6位決 vs柏陽 2-0
5位決 vs横浜栄 1-2
※結果、6位!県大会出場

2回戦 vs柏陽 2-0
3回戦 vs市金沢 2-0
準々決勝 vs横浜栄 2-0
準決勝 vs横浜 2-0
決勝 vs横浜 0-2
※結果、準優勝!県大会出場

今日から新人戦の地区予選が始まりました。今日は私は男子会場へ。先週の夏季大会から1週間、ボコボコにやられたショックから不安ばかりでした。1週間で修正したつもりでしたが、実際に私が見られる曜日がほとんどなかったので、彼らに課題を伝えて練習してもらいました。

結果は二組とも頑張りました。まさに「勝つ」ガツガツさを会場で一番出していたのではないでしょうか?私が感心したのは、準優勝したペアの気持ちを押し出した試合中の様子。一生懸命に1ポイントを獲りにいく姿勢は、思い出すだけでも気持ちが熱くなります。見ている人にも伝わったのでないでしょうか?「こんな気持ちで試合ができるようになったんだ」と本当に嬉しかったです。

県大会に二組とも参加できるのは久しぶりで、関東大会に出場したOGの時以来ですので結果も良かったと思います。また、同じ地区のこれまで8年間1度も公式戦で勝ったことのない学校に初めて勝つことができました!決勝も、第1ゲーム19-21の大接戦、第2ゲームも物凄い追い上げを見せてくれました。あと一歩でした。

来週はシングルス、再来週は団体です。男女とも県大会目指して頑張りましょう!
とある土曜日の午後
14時30分体育館前に行くと、ずらーっと中1から高2までの部員が待っていました。この人数、知ってはいますがやはり圧倒されます。

まずは外トレーニングを高校男子、高校中3女子、中3男子、中2中1男女の4種類考えてきたので、1時間それをやりました。私は中学生のランニングと素振りを指導しながら、中3男子の階段昇りにハッパをかけました。最後は辛うじて高校男子のランニングに間に合い、それを応援。すると、あっという間に15時30分で、そこから2時間体育館練習。体育館では、さらに7種類にグループ分けをして、人数に合わせたメニューを指示。

終了後は高校生に明日の大会に向けてアドバイスをして、さらに着替え後は片付けが人任せだった中1男子全員を呼んで「それではダメだ」とお説教。

疲れました。でも、楽しかったかな。なかなかやりがいのある部活です。明日も頑張ります!
大会結果&合宿からその後
<高校 横浜市夏季大会団体戦>

男子Aチーム
5回戦 vs橘学苑 3-0
準々決勝 vs横浜 0-3
※結果、横浜市ベスト16

最後は予想以上に徹底的にやられました。試合後はしばらく心が折れて、無心になりました。でも、その後相手チームの試合を生徒と観察することで、また理由も分かり少し取り戻して帰ることができました。

それでも、今回の雪辱を晴らすのは相当大変だなと。ただ、相手は同じ地区です。これから1ヶ月地区予選で挑むことができますので、そこでチャレンジしていきたいと思います!

プレーも私の戦術も守りに入ってました。みんな「勝てる」ようになってきたと思っていたからでしょう。

違いますね。「勝つ」んですね。ガツガツいく大切さを学んだ大会でした。
大会結果&合宿からその後
<高校 横浜市夏季大会団体戦>

男子Aチーム
2回戦 vs神奈川工業A 3-0
3回戦 vs浅野A 3-1
4回戦 vs市桜丘A 3-0
※現在ベスト16、9月2日に順位戦

男子Bチーム
1回戦 vs瀬谷西C 3-0
2回戦 vs慶應義塾A 0-3

高校生は夏と冬に全員が参加できる大会があります。今回は夏の市内の団体戦。1年で一番暑い大会です。昨日も途中2回ほど換気しましたが、それでもかなり暑く「スチームサウナのようだ」と保護者の方が言うほどでした。応援ありがとうございました!

暑さに負けてしまっている選手もたくさんいましたが、うちの生徒は頑張れたようです。いつもはスタミナや集中力が欠けてしまうことがあるのですが、今回はそれはあまり見られませんでした。暑さに対しては千葉での合宿がかなり効いています。あの中で今年はさらに強度を上げた練習をしましたので、それに比べれば。この気持ち。

また、試合後半もジャンプして強く打てていました。それも7月後半から強度を少し上げた練習やトレーニングの成果かと思います。具体的にどこが強くなったかと言えば「気持ち」。根性ですね。辛くても、あれに比べれば。この気持ち。

最近の子供は厳しくするだけではだめ。理屈があり、効率的に教えなければ。そのように考えることも多いのですが、厳しくすることも必要ですね。その分私も楽をしないようにしないと。この前も二重飛びを10セットやらせてるのですが、自分も7セットやりました。足つって、3日経った今日も筋肉痛ですが(笑)

でも私の考え方が変わったというより、生徒が厳しいことに耐えられるようになった。求めてくるようになった。というのが本当のところです。求めている者には厳しさは必要です。求めていない者にも厳しくしても、、上手くいったのが昔だっただけなんでしょうね。あとは、最近は相手にも厳しさを求める。平等でないと納得しない。これも覚悟しないといけませんね。

合宿のことはあまりブログで詳細は書きませんでした。書く体力が無かっただけです(笑)中学生も高校生もみんなにシャトルを出し続けましたので、それだけ私も今年は疲れました。だから中身は。ご想像にお任せします。あとは実際のプレーや練習を見てご判断ください。

これから試合期に入ります。試合中だけでなく、待機している場面や応援している場面でもしっかりさせていきたいと考えています。昨日の会場でも話をしました。勝っても、負けてもしっかりしたチーム、選手、生徒に。このようなことを生徒に改めて求め出すとき、それは私の経験では結果が出るときです。




あとは、宿題もしっかりやってね、
Copyright © 関東学院中学校高等学校   バドミントン部. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈